スポンサーリンク

新 応援歌楽譜スタジアム sheet music of supporters chant

2020年の新応援歌、チャンステーマはこちらで!

スポンサーリンク



本日も応援歌楽譜スタジアムへアクセスいただきありがとうございます!

台湾のおすすめグルメ紹介!レストランから屋台飯まで

スポンサーリンク

台湾と言えば、グルメの宝庫!

 

ただ、台湾料理って以外に日本人の口に合わない料理も多く、美味しい料理と美味しくない料理が極端に分かれているようなイメージです。

 

せっかくの海外旅行でハズレ料理は食べたくないですよね(笑)そこで、台湾で本当におすすめできるグルメをレストランから屋台飯まで紹介させてもらいます。

 

牛肉麵

 

f:id:o-sta:20191019170319j:plain

f:id:o-sta:20191019170333j:plain

 

牛肉麺は台湾のラーメンみたいなものです。

 

八角を使っているので日本人の方は苦手な方が多いと思いますが、私はあのホロホロとした牛肉が大好きです。こってり系ラーメンのスープなんだけど、食後あっさりで胃もたれもしません。

 

 

また、麺はうどんタイプのものとラーメンタイプのものがあります。

 

さらにスープも牛肉から出汁を取って少し味をつけたような澄んだシンプルなタイプと、赤っぽい調味料が多めなタイプに分かれています。

 

私はうどんタイプで澄んだスープのものを食べたのですが、とても美味しかったです。牛肉を切ったものとニラだけというシンプルなトッピングだが満足度は非常に高い。

 

お値段も500円程度。

 

魯肉飯(ルーローファン)

天天利美食坊


台湾の代表的なかけご飯で、丼ものとして単品で食べるというよりはおかずと一緒に食べるような感じのため小ぶりの茶碗で出されることが多いです。

 

単品だと少し物足りないかもしれないけど、豚バラを甘辛く煮て小エビやタケノコが刻んで入っており、煮汁ごとご飯の上にかけて食べるので満足度は高いです!

 

お店によってはトッピングで目玉焼きをのせたりでき、持ち帰りなども対応してもらえます。金額は日本円で100円前後なので、これ一つで安くて満足できる台湾の代表的料理です。

 

西門駅近くにある「天天利美食坊」は昼と夜と人が多い魯肉飯の美味しいお店です。

 

黃記魯肉飯の魯肉飯

もう1つオススメできるのが黃記魯肉飯の魯肉飯!

 

お米が柔らかすぎず硬さもぴったり、お肉にはしっかり甘辛い味がしみ込んでいますが脂っぽさは最小限でバランスよし。

 

台湾のソウルフードというだけあり魯肉飯を売りにしているところは多いと思いますが、その中でもこちらの魯肉飯はこだわりを感じる逸品です。最寄り駅(MRT中山國小駅)からも近く、お昼時は混んでいますが少し時間をずらせばスムーズかと思います。

 

胡椒餅

f:id:o-sta:20191019170402j:plain

饒河街観光夜市で一番有名な胡椒餅です。

 

この夜市でダントツの行列の長さからも人気が分かりました。夜市の始まりから終わりまで常に100人以上が並んでいるほどの混雑なんですが、5,6人のおばちゃん達が手際よく作業をするのであっという間に待ち時間が終わってすぐに購入することができます。

 

生地をこねる人や具を包む人、油で揚げる人、お会計をする人など、担当が分かれていて流れが良かったのが好印象でした。また、作っている工程を見ながら列に並べるのも気分が高まります。

 

 

いざ実食の時は、揚げたてでアツアツ!

 

外はパリッと皮の食感が良く、中はジューシーな挽肉でとても美味しいです。揚げ肉まんのような感じでした。

 

名前の通り胡椒がピリッと効いていて、酒飲みにはハマる味です。台湾ビールにぴったりな夜市グルメでした。

 

 

小籠包(鼎泰豊 ディンタイフォン)

f:id:o-sta:20191019170427j:plain

 

鼎泰豊は日本にもあります。

 

ただ、やっぱり並んで食べる本場台湾の味は格別でした。

 

熱々で小籠包だけでも色んな種類が豊富で感動!食べ方にもこだわりがあり、丁寧に店員さんに教えていただき食べました。

 

初めて食べたトリュフの小籠包も香りかとてもよく1度食べると癖になるくらい美味しかったのを覚えています。台湾グルメの中では少々高額ですが、日本と比べれば痛い金額ではないので1度は足を運んでみてください。

 

ニラ饅頭

 ニラ饅頭は、有名店という訳でもなく、商店街の偶然ふらっと入ったお店で、地元のサラリーマン達と共に、メニューがよくわからないままおっかなびっくり注文して食べました。

 

中はニラがたっぷり入っていて良い香りで、さらに一緒に入っている豚肉のあふれる肉汁に口の中が幸福で満たされます。サイズが大きいので女性は一つしか食べられないのが心残りです。

 

牡蠣オムレツ

f:id:o-sta:20191019170457j:plain

牡蠣オムレツはとろーっとしていてとても美味しいです。

 

小粒だけど味の濃い牡蠣が卵の生地に混ざってふわふわまろやか。ネギ餅は意外なおいしさ、見た目は地味ですが食べるとねぎの香ばしさが口いっぱいに広がります。

 

 

牡蠣の臭みは特になく、白いごはんに合います。牡蠣オムレツ+白米+ビールの組み合わせは、格安で最高に楽しめます!



【水餃子】


スープがとても美味しく、水餃子自体も皮が厚すぎずプリプリ!


辛さは自分で調整できたので辛い物が苦手な人でも食べやすい料理です。

 

バーワン

f:id:o-sta:20191019170517j:plain



日本ではあまり馴染みのない食べ物ですが、千と千尋の神隠しで千尋のお父さんが豚になる前に食べてた謎の食べ物、肉圓(バーワン)。

 

豚肉をデンプンの粉で包んで蒸し素揚げにして食べるものなのですが、脂っこくなく中の肉もジューシーで美味しかったです。

 

私が見つけられなかっただけかもですが、台北市内には店がなくて九份でたまたま見つけたので食べました。値段は200元ほとでしたが肉圓二個分でこの値段ならお得だと思います。

 

ネギクレープ

 お好み焼きのような、卵料理のような「葱クレープ」という食べ物。

 

葱抓饼は台湾風パイクレープのような物で中にチーズやハムが入っていて、少し辛い豆板醤も追加してもらうと美味しいです。

 


一つ25元ですごく安いですし、チーズやコーンやベーコンのようにトッピングができて味変ができるのもおすすめです。


私が行ったのは永康街の有名なお店に行きましたが、雨の中で夜だったのですが、行列ができていました。

 

豆漿


豆乳のお粥。あっさりしていてとてもおいしい。


味は暖かい豆乳だけど甘くなく、中に油揚げなどトッピングすることで塩気もまして朝ごはんにとてもピッタリな一品。


1杯だいたい30元くらい(約120円)

 

飯團


台湾版おにぎり。日本のように握るものではなく棒状で出てきます。具が沢山入っていて、たまごやお肉のそぼろなどたくさん種類があって選ぶのも楽しい。安くて量が多くておすすめ。


値段は30元ちょっと(約120円)

 

お勧めのお店は、中山國小駅近くにある『洪記豆漿大王』


かなりローカルなお店ですが、店員のおばちゃんも気さくで頼みやすい。メニューは中国語しかないので、メモで買いたいものをあらかじめ書いておいて持っていくと良いです。

 

 

タピオカ

 

幸福堂という黒糖ミルク専門のお店は甘党には堪らない1品でした。暖かいタピオカでタピオカに味がしっかりついていました。

 

 50嵐のバブルグリーンミルクティーはMサイズ40元という安さにも関わらず非常に美味しいタピオカドリンクだった。大小のタピオカが混じっているため食感が楽しい。

 

f:id:o-sta:20191019170549j:plain

 

台湾グルメは美味しい料理がいっぱい!

台湾料理は美味しいです。

 

ただし、何でもかんでも美味しいわけではなく、結構「ハズレ」もあったりするので、事前に美味しい料理をリサーチしてから行くのがオススメです。

 

今回は定番料理から少々ローカルな料理まで紹介してきましたが、いずれも食べやすく日本人ならみんな美味しいと感じるグルメばかりのはずですよ!