スポンサーリンク

Sheet Music of supporters chant

Sheet Music of supporters chant, song. Sports , Baseball, football, soccer, rugby, ...

スポンサーリンク



Thank you for your access!

弊社が所謂ジョブホッパーを【絶対に】採用しない理由

スポンサーリンク

弊社が転職回数の多い人、いわゆるジョブホッパー、を【絶対に】採用しない理由を端的に説明いたします。

 

2点強調しておきます。

 

まず1点目。

絶対に、です。ジョブホッパーを採用するメリットなどどこにもありません。

なおかつ、転職回数は少なければ少ないほど採用には有利となります。

 

そして2点目。

端的に、です。それこそ小学生にでもわかるようにご説明いたします。

 

まずはこちらの記事をご紹介します。

 

転職未経験の方には信じられないかもですが、「ちょっと給料がいい」という程度でも、気軽に転職する人は珍しくないです。 https://blog.tinect.jp/?p=74535

 

こちらの記事、拝読いたしましたが、率直な感想としては、ヌルい。

 

何かに遠慮しているのかわかりませんが、全く本音の部分での話ができていない。

読後感がスッキリとしない読者の方も多かったのではないかと推察されます。

 

弊社からズバリ本音を言わせていただきます。

 

 

あなたは、お肉やお魚、野菜や果物、乳製品等、比較的賞味期限の短い、つまり日持ちしない食品を買ったことがあるでしょうか?

 

あなたは、その買った食品を1週間以内など、短期間の間に食べて消費したことがあるでしょうか?

 

あなたは、食べて消費した後、1週間以内など、短期間の間に【同じ場所に】買いに行ったことはあるでしょうか?

 

以上の質問全て、読者の皆様全員が、「はい」ですよね。

「いいえ」は考えられませんよね。

当然ですよね。

 

では、もし買いに言った結果、その場所が別の店になっていたらどうでしょうか?

 

例えば、競合他社のお店が似たような別の商品を売っているとか。

例えば、別業種のお店ができて、全然別の商品しか置いていないとか。

 

あなたは、もう【その場所】には行きませんよね。

 

ひどく裏切られた気分になりますよね。

 

日持ちしない食品を買いに来たということは、何としてでもそれを手に入れなければ、ならないのです。

 

似たような商品では、味が落ちたり量が少なかったり、値段が高かったりアレルギーの原因物質を使っているかもしれないので、怖くて買ったり食べたりすることができません。

 

全然別の商品では、食べる事さえできません。

 

食べられなければ、栄養失調などで健康を害してしまったり、お腹が減って動けなくなったりしてしまいます。

これは命に関わる問題ですよね。

 

でも、別の場所に行けば、日持ちしない食品を売っているお店に出会えます。

 

もし心配なら、そこのお店の店員さんに聞いてみてください。

 

「こちらのお店は閉店の予定がありますか?」と。

 

「ご安心下さい。閉店の予定はありません」と言われたらどうでしょうか?

 

安心してそのお店に行きますよね。今だけでなく、これからも行き続けるでしょう。

 

「閉店してしまったお店」と「閉店の予定がないお店」。

この2つを働く人に当てはめてみます。

 

せっかく採用したのに辞めてしまう人。

採用した後、辞めずに続ける人。

 

弊社で採用するのは後者一択です。

絶対に、です。

 

ぜっかく採用したのに辞めてしまう人は、例えて言うなら

「もう一度来た時に、同じ商品が買えない人」

なのです。

 

働く人は日持ちしない食べ物と同じです。

年数が経っていれば、体力の衰えや事情や環境の違い等で、同じような働き方はできません。

似たような物では替えがきかないのです。

賞味期限が切れたお肉やお魚、野菜や果物や、乳製品は食べられません。

食べたら命の危険さえあるのです。

それと同じです。

 

欲しいその時に手に入って、安心して食べて、また同じ場所に買いに行く。

これは当たり前の事です。

読者の皆様にとっても同じだと思います。

 

いたずらに転職回数を増やすのは辞めて、同じ場所で同じ商品を売る。

 

弊社はそういった方のみを採用します。

おわかりいただけましたでしょうか?

 

ジョブホッパーの方からの応募は必要ありません。

お引き取り願います。