スポンサーリンク

新 応援歌楽譜スタジアム sheet music of supporters chant

2020年の新応援歌、チャンステーマはこちらで!

スポンサーリンク



本日も応援歌楽譜スタジアムへアクセスいただきありがとうございます!

韓国旅行者が「一番美味しい!」と言ったグルメ&お店を紹介

スポンサーリンク

韓国のオススメグルメを紹介します。

 

韓国料理は日本人からすると辛いのが特徴ですが、かといって辛くて食べられない…なんて事もなく、本場の韓国料理はかなり日本人の口にあいます。

 

むしろ、<u>韓国は比較的観光名所が少ない</u>ので、韓国旅行=グルメを楽しむ旅!と言っても過言ではありません。韓国旅行経験者たちの、おすすめグルメを紹介しますね。

 

Cafe de paris Myeongdongのパフェ

f:id:o-sta:20191026121134j:plain

Cafe de paris Myeongdongは明洞の大通りにあります。

 

中心から3分ほど歩いたところにある、セルリアンブルーの外壁がおしゃれなカフェで、2階にのぼるとエッフェル塔がモチーフの、パリを思わせる工夫のある空間が広がります。

 

 

ただ、入口に毎朝市場から仕入れるという、いちごの空箱が山積みになっているのですが…。

 

これでもかという量が美しく盛られたいちごボンボンを食べると、1人分でこれだけのいちごを量使うんだから、まぁいちごの空箱を他に置く場所がないよねぇと納得してしまいました。

 

最後まで飽きることなくおいしくいただきました。いちごは冬のシーズンのみ。ほかにマスカットやマンゴー、チェリーなどのボンボンがあります。レインボーミルフィーユもきれい。カップルか女子同志という組み合わせばかりでした。

 

 プルコギ

東大門のトッケビプルコギ

東大門文化公園駅の近くに、地元の人が行くプルコギ屋トッケビプルコギがあって、安くて量もものすごかったので、これを食べただけでおなかがいっぱいになって夜に焼肉に行くことが出来ませんでした。

 

もちろん、プルコギ以外にも小鉢にさまざまな総菜をいくつもの種類、持ってきてくれて、それにご飯を食べ、薄い肉とキノコがたっぷりのプルコギを食べたので当然と言えば当然です。日本円でひとり千円程度でした。

 

トンデムンのプルコギ

 

何を食べても美味しかったですが、一番印象に残っているのがプルコギ 。

 

すき焼きのような味付けです。ただ、日本で『プルコギ レシピ』で検索すると、炒め物が出てくると思うのですが本場のはジンギスカンの様な鍋!お肉は焼きつつ、流れ出た肉汁と、下の溝で茹でた野菜とをタレにつけて食べます。


トンデムンで1人2000円くらいだったと思うのですが…店の名前が思い出せません…地元の人にオススメのお店を聞いたのですが、トンデムンに行けばたくさんあるよ!とのことでした。

 

 

サムギョプサル

f:id:o-sta:20191026121213j:plain

 

日本では焼き肉のたれにつけて食べますが、韓国ではサムジャンという合わせ味噌につけて食べたり、ごま油と塩を混ぜたものにつけて食べたりします。

 

また、日本で韓国料理やに行くとサンチュやキムチはすべて有料ですが、韓国ではサンチュやキムチだけでなく、その他に出てくるおかずもおかわりし放題です。

 

お店で出た本場のキムチも、意外と辛すぎず口に合いました。値段は1人2000円くらいだったと思います。韓国でサムギョプサルを食べるときはサンチュにサムギョプサルとキムチとご飯とサムジャンを包んで一口で食べてほしいです。

 

ポッサム

f:id:o-sta:20191026121259j:plain

韓国が大好きで年に何回か行き、いつもたらふく食べて飲んで帰国しているこんな私が最高に美味しいと感動したグルメはポッサムという蒸し豚の料理です。

 

ポッサムは好きで良く日本でも出しているお店があれば食べるのですが、韓国で食べるポッサムは全く日本の物と違います。まずお肉の大きさと分厚さと柔らかさと量が半端なく、一緒に食べる珍味やミソやキムチの種類もポッサム独特の付け合わせがあり、とても美味しくて病み付きになります。

 

ホットク

 

市場を歩いている時に、服屋さんや雑貨屋さんに紛れて一つだけ食べ物の屋台がありました。文字は読めなかったのですが1つ頂戴と伝えるとその場で焼いてくれる事に。

 

ホットケーキのような生地を流して焼いたと思ったら、ビニールの手袋をした手でおもむろに潰したのです。驚きましたが、潰した事によってジュワッという油の良い音と甘い香りが漂って幸せでした。

 

焼きたてアツアツを頂くと口の中にバターの甘みとピーナッツの食感、生地のふわふわ感が溢れてとても幸せでした。

 

 魔女キムパッのキムパ

f:id:o-sta:20191026121105j:plain

韓国で食べたキムパが美味しかったです。

 

友人に聞いたお店だったのですが「魔女キムパッ」というお店に朝食として朝の10時くらいに行きました。私が行ったお店ではクレジットカードでの支払いのみでした。

 

画面で商品を選び店員さんへ渡し作ってもらいます。私が食べたのはツナやキュウリなどが入っていました。金額は350円程~でボリュームもあるので満足でした。店内はたくさん席はなかったですが食べることも可能で、持ち帰りも可能です。

 

また、別の店ですが明洞のロマンキンパッも美味しかったのでオススメ。

 

パンダッパンダッのチーズタッカルビ


韓国のチーズタッカルビは自分好みにトッピングをカスタマイズ出来るのが特徴。


アレンジメニューが豊富なので、日本で食べるチーズタッカルビとはまた違った発見と味を堪能する事が出来ます。また韓国で食べるチーズタッカルビの食べ方も独特で、ほとんどの人が使い捨ての手袋をはめて豪快にお肉にかぶりついて食べる人がほとんどです。


熱々のお肉がとても美味しくてついつい食べ過ぎてしまうので胃もたれ注意です!


チーズタッカルビを食べるならソウルにあるパンダッパンダッというお店がおススメです。お肉もチーズも味付けも絶品です。

 

「神仙ソルロンタン」のソルロンタン

 

ソウルの明洞にある神仙ソルロンタンの牛骨肉を煮込んだスープ、ソルロンタンは美味しいです。日本では食べられない味と思います。まろやかでクリーミーなスープで、牛の臭みがあまりなく、食べやすい。

 

まずは、スープだけで味わい、半分ぐらい食べたら、一緒に辛めのキムチをスープに入れて、さらにご飯をいれて食べるのが韓国流です。日本の雑炊のようですが、味にインパクトがあります。

 

人によっては、塩味が薄いので、塩を少しだけ加えて食べることをお勧めします。価格も日本で確か700-800円以でお手頃です。

 

チンハルメタッカンマリのタッカンマリ

f:id:o-sta:20191026121109j:plain



鶏をまるごと煮込んで、じゃがいも、トッポギ、ネギのみのシンプルな日本の水炊きのような味です。

 

韓国のポン酢を付けて食べる味は絶品です。


私のおすすめのお店は東大門のタッカンマリ横丁にある、チンハルメタッカンマリというお店です。タッカンマリ横丁を少し歩くと外まで行列ができています。

 

値段も2人で食べても1500円ほどとリーズナブルな値段でお腹いっぱい満足のいくお料理となっています。韓国に行く際は是非行って欲しいおすすめグルメです。

 

マンドゥ

 

マンドゥ(餃子)も美味しかったですね!


韓国ドラマで見て行ってみたかったお店で人気でしたが、回転が早くすぐに席に座れました。料理がくるのも早く、何より美味しくてまた行きたいお店の一つです。

 

ビビンバ

 

日本でも食べられる料理ですが…ビビンバが一番美味しかったです。

 

普通は韓国のグルメといえばお肉というイメージですがそうではなく、ビビンバは日本と韓国では全く違いました。まず日本は辛くなくて、中に入っているものが少なくてご飯が多く単品なことが多いです。

 

しかし、韓国はそうでは無くコチュジャンがたっぷりと入っていて、また野菜がご飯より多くボリュームもあります。またビビンバ単品ではなく、無料でもやしのナムルやキムチが付いてきて、しかもおかわり無料でお腹いっぱい食べられました。

 

 

 

韓国旅行者たちから「観光した中で一番美味しかった料理&店」を教えてもらったので、今回紹介したお店はいずれもアタリだと思われます。少なくとも、ハズレの可能性は極めて低いですね。

 

もちろんガイドブックに載っているような有名店も悪くないのですが、有名店ってそれなりの料金になることが多く、さらには待ち時間も長い事が多いので、密度の高い観光には向きません。

 

今回ご紹介した韓国料理店をぜひ訪れてみてください。